Recruit

リクルート

甲斐 健太郎
Kentaro Kai
予備校事業部

アクシビジョンのどんなところに共感して入社しましたか?

日本の教育格差をなくすため、人にこだわらず計画や戦略の面で大学受験をサポートしていくという会社の理念に共感を覚え入社しました。
地方で高校生までを過ごした私にとって、教材や勉強法を中心に普遍的なサービスを提供できる受験コンパスは他社にはない教育サービスとしての革新性を感じ、また代表が仰られていた歴史を変える人間になりたいという夢と、そのために常識に縛られず常に先進性を持って仕事をするという企業としての姿勢に憧れを持ち、この会社でこれまでに見たことがない教育サービスを提供できるよう参画したいという意志があったため入社をいたしました。
 

現在担当している仕事について教えてください

アクシブアカデミー甲東園校とオンライン予備校看医塾のコーチを勤めています。
どちらも教室の運営と生徒の対応、さらにアクシブアカデミー・看医塾の担当生徒の受験に向けた戦略と年間の学習計画の立案を行い、それが正しく運用できているかどうか確認し、適宜改善・修正・指導をおこなっています。
 

仕事のやりがいや醍醐味、面白さは?

自分で考案した戦略・学習計画が功を奏し、生徒の成績が上がったと実感できることがやりがいを感じる瞬間です。
また説明会や体験を通して生徒・保護者のニーズを正しく把握し改善策を提示することで高校生1人の受験勉強を任せますと入学を決断いただくときに、達成感と責任感を大いに感じ、自身の成長にもつながっています。
 

仕事をする上で一番大切にしていることを教えてください!

文面や数字で判断できない部分を見ることです。
生徒や保護者の中には、調子が上がってきているのに成績に繋がらない。勉強に対して熱意を感じないがたまたま成績が良かった、などご自身の感触と結果のブレを感じ不安になっていらっしゃる方が大勢おられます。そこで私たちが学習内容以外のモチベーションや勉強時間・集中力など点数や文面では感じ得ない部分まで把握し改善を促すことで、生徒は憑き物が取れたかのような解消を促すことができ、自信を持って更なる成績UPを狙いにも行けますし、保護者の方からより安心してお任せいただく事にも繋がるかと思います。
 

前職ではどのような仕事をしていましたか?

バーテンダーとして接客とアルバイトの育成、新商品開発をおこなっていました。
価格帯の低いバーだったこともあり、1日に500杯近くカクテルを作ったこともあります(笑)
接客業としてお客様の心理に寄り添い、その瞬間に合った一杯を提供するという意味では、生徒や保護者に対して今の課題を共に解決するための最適解を提案する今の職務と近しい部分を感じます。
 

会社の雰囲気どうですか?

メリハリのあり、課題に対してネガティブになる事なく共に取り組んでいける環境だと思います。
まだ入社2年目ですが、若手の意見も質が良ければ会社全体を動かす一手になることもあり、改善をするためにアクションを起こしやすい拓けた社風だと感じています。
 

自身の失敗談や苦労話などあれば教えてください

大学時代に教員養成課程を取っていたのですが、その際に学んだ知識とアクシブで必要な知識の乖離と、それを埋めるために学ぶことが多かったことが一番苦労しました。
特に大学情報については、元々の生まれが九州だったこともあり、今勤めている関西圏の大学群のレベル感、受験制度、各大学の配点と方式については未開拓の領域が多く、学び、それを活用していくには時間と労力をかけました。
 

今後、会社内でやりたいことはありますかか?

今主要業務として担当しているオンライン校舎をより拡大していければと思います。自分自身がそうで合ったように、遠方で周りに塾が無い高校生にもアクシブアカデミーの教育サービスを提供することで受験を諦めず、将来の選択肢を広くできる。そのような一助ができればと思います。
 

5年後の自分はどうなっていたいですか?

これまでこれまで志望していて余り進められていなかった教務面が強化された、理想の教室長になっていたいと思います。特に地歴公民科目についてはアクシブでの第一人者として皆さんから頼ってもらえるような存在になれるよう励んでいきます。